雄琴でソープを遊びつくすオトナのための黒薔薇迎賓館

雄琴にやってくるソープ嬢・去っていくソープ嬢

ソープ嬢はその地域内で、あるいは遠方の店舗へと転々と在籍店をかえるものです。男性客の想像するよりも遥かにソープ嬢同士の横のつながりもあり、そういったコミュニティ能力を頼りに「より良いソープ店」へと移転するのです。滋賀県湖畔にある独特な雰囲気をもったソープ街「雄琴」にもかなりの数のソープ嬢が働いていますが、彼女たちもまた出入りの激しい様相を見せています。この女の子たちの動きを見ることでソープ業界の見えない裏側を知ることができ、普段のソープ遊びにも奥の深さをもたらすことができるのです。雄琴にやってくるソープ嬢と去っていくソープ嬢がどんなものなのか見てみましょう。「お客」として雄琴に通っていても、楽しいことばかりでこういった裏側を知ることはできません。男性が思っている以上に苦労が多く、それぞれに人には話せないような事情を抱えて今日も雄琴ソープ嬢は明るく接客に勤しんでいるのです。

  • 雄琴周辺に地域の女の子がソープ嬢デビューする場合

    関西には雄琴以外には「福原ソープ街」北陸に「金津園ソープ街」があります。風俗嬢は全体的に地元での在籍を避ける傾向にありますから、当然雄琴にも「滋賀県民以外の県民」がソープ嬢としてやってきます。

  • ヘルス・ピンサロ嬢からの転身

    数の上ではソープランドなどはるかに及ばないほど店舗数があるのが「ファッションサロン」と「ピンクサロン」です。これらの店舗であまり稼けなかった子や、腹を決めて「風俗で一財産築くぞ」といった子が雄琴にやってくる場合もあります。一度風俗で働きはじめると、他の仕事に就くことができなくなったり、給料のやすさが馬鹿らしくなるのが普通ですので、同じような業種でスキルアップを図るのです。

  • 他のエリアでソープ嬢をやっていて雄琴に移転する場合

    数の上ではソープランドなどはるかに及ばないほど店舗数があるのが「ファッションサロン」と「ピンクサロン」です。これらの店舗であまり稼けなかった子や、腹を決めて「風俗で一財産築くぞ」といった子が雄琴にやってくる場合もあります。一度風俗で働きはじめると、他の仕事に就くことができなくなったり、給料のやすさが馬鹿らしくなるのが普通ですので、同じような業種でスキルアップを図るのです。

  • めでたくソープを卒業する場合

    ソープ嬢が一番理想の形として卒業できるパターンは「一財産築いての卒業」です。一般企業では「寿退社」などがありますが、ソープ嬢の場合はパートナーを見つけてもうまくいかず、またソープランドに舞い戻ってくることの方が多いからです。信用できるのは”お金”であり、またソープ嬢としてスタートしたときにも金銭で苦しみソープランドの門を叩いた子がほとんですので、その喜びはひとしおです。その多くは、自分で事業や店の経営をすることが多く、そこから「第二の人生」を歩むわけです。

  • 在籍店とのトラブルで雄琴を去る場合

    職場での人間関係や経営者とウマが合わないなどの理由で退店するこも少なくありません。これに関しては一般の会社でもよくあることでしょう。ただ、雄琴の場合は狭いエリアでソープランドが密集しており、また特殊浴場協会に全店舗が加盟していますので、あまり雄琴内で店を変わることは少ないようです。(経営統合などでのドラフトはよくある)たいていは福原や金津園などに職を求めて旅立つ子が多いのです。

  • 年齢的な問題で他エリアに移転する場合

    ソープ嬢を含む風俗嬢が抱える大きな問題に「加齢による商品価値の低下」があります。20代後半にもなってくると、本指名客を多く持っていない場合には立場が弱くなりるのです。これは女を売りにする職業では切っても切れない悩みであり、30歳になるとかなり苦しくなってきます。雄琴内の熟女店に移る場合もありますが、たいていは他の地域の熟女店に変わるか、風俗業から足を洗うかになります。