雄琴でソープを遊びつくすオトナのための黒薔薇迎賓館

雄琴ソープ街でソープ嬢にモテまくろう!

ソープランドはお金を支払って性的サービスを受けるところですが、やはりそこは男と女・・・モテないよりはモテる方がいいに決まっています。しかし、日常生活でモテる男性がソープランドでもモテるとは限りませんし、その逆も然りです。ソープ嬢は毎”非日常的”な業務をこなしているうちに、一般の素人女子とは価値観が違ってきているのです。特に雄琴ソープ街はキャストのプロ意識が高く、客を見る目も鋭いと言います。雄琴でソープ嬢にモテるには店での立ち振舞すべてにチェックが必要です。

  • 割り引きやイベントを利用しない

    雄琴のソープ店のほとんどが「割り引きサービス」や「イベント」などを実施しています。お客側からすれば、絶対に得するわけですからこれを逃す手はありませんが、キャストからすれば、また意味が違ってきます。ソープ嬢は、割り引き時間帯やイベント割り引きばかりを利用しているお客をあまり高く評価しません。仮に自分の本指名客になっても先々大きなお客にはなる可能性が低いからです。これだけなく、”女の感性”から言ってもお金をケチる男性には魅力は感じないのでしょう。

  • 定期的に通うようにする

    雄琴のソープ嬢は仕事がまじめで、他の地域の女の子に比べると生活が安定しています。自分の将来を真剣に考えている子も多く、男性にも安定を求める傾向があるのです。ソープ嬢という仕事自体が、「体を壊してしまうと終わり」といった不安定なものなので、それは一般の女性よりも強く意識しています。パチンコなどのギャンブルに勝ったときだけ登楼するような不安定な来訪をするお客よりも、定期的に決まった曜日などに必ず訪れる客のほうに惹かれるようです。

  • 時間に余裕を持つ

    時間終了のコールがなってもできる限りプレイしてコスパを上げたがるお客がいますが、これもキャストからすれば魅力のないお客です。1回発射よりも2回の方が絶対に得なのですが、その1回を我慢して時間に余裕をもたせることで、所作のすべてにも余裕ができ「いい男のオーラ」が出るものです。

  • 延長してみよう

    現在のソープランドで「延長」をする人はほとんどいないでしょうが、システムとしてはちゃんと設置されています。店もキャストも延長を取ろうなどとは思っていませんが、だからこそチャンスなのです。女にモテるためには多少「目立つこと」も必要です。あまり他のお客がしないことをすることで、嫌味なく目立つことができるのです。雄琴のキャストは指名客を多く持つ子がいますが、「延長してくれた人」というように印象づけることができます。

  • 小粋なプレゼントをしてみよう

    何回か本指名をしても、まだこれでだけでは足りません。たまにはプレゼントでもして気を引くのもいいでしょう。ただ、あまり高額な品は敬遠されるようです。ソープ嬢を付け回すストーカーが急増しており、高額なプレゼントはそれを連想されるようです。雄琴は周囲に繁華街もなく、休みの日に大阪や京都に出かけなければいけないという地理的な特性があり、流行りのスイーツなどに飢えている子が多いのです。最先端のグルメ情報を入手し、程よい金額のプレゼントでハートをつかみましょう。